5月8日(金)から、在宅型公文式学習で再開いたします 5/2更新

公文式に対してご理解を賜り誠にありがとうございます。

緊急事態宣言が発令され、4月は教材提供という形での対応とさせていただきました。ご家庭のご協力に心から感謝申し上げます。現状、緊急事態宣言が延長されるかが見通せない状況ではございますが、恐らく延長になるだろうと思われます。そこで、5月からの学習については、在宅型公文式学習で再開いたします。

●A)5月からの「在宅型公文式学習」(有料)

  1. 教材の受け渡し
    現状の感染拡大状況を踏まえ、お子様・保護者の皆様との直接の接触を可能な限り避ける形で、月に4回程度、宅配ボックスなどを通じて教材の受け渡しを行います。

    初回は、説明をかねて5月8日(金)16:00~19:00を予定しております。

    なお毎週金曜日は採点のため、教室自体は開いておりますが、児童の学習はできません。
    郵送をご希望の場合は教室からご家庭へは当方で郵送費を負担いたしますが、ご家庭から教室宛に送付の際はご負担くださいますようお願い申し上げます。

    ご自宅での学習においても指導者・スタッフによる定期的な指導・採点・コミュニケーションを行う予定です。電話やメール・skypeなどを活用した形で実施させていただきます。

     

  2. 会費
    教室での学習と同様となります。

     

---------------------------

なお在宅学習が難しい場合は以下の提供のみとなります。

●B)教材提供(無料)…4月と同じ内容となります

  1. 今回の休室期間中、ご希望される方には、公文教育研究会の特別の許可のもと、無償にて、「教材提供」という形で教材をお渡しさせていただきます。

  2. 公文教育研究会の定めにより、お渡しできる教材は、現在お子さまが学習中の教科のみで、数量に上限があります。また、休室期間中の指導・採点はできませんので、ご了承ください。

  3. 会費
    既にいただいております5月分の会費は、全額返金させていただきます。返金方法につきましては、一旦お預かりさせていただき、6月以降の会費に充当させていただきたく存じます。保護者様のご理解とご了承をお願い申し上げます。ただし、その方法ではなく返金をご希望の場合は、ご指定の銀行口座へ振り込みさせていただきますので、教室までご連絡ください。

上記内容と下記に同意したうえで、どちらか選択の上、こちらのフォームから記入してお知らせください。

★【在宅型公文式学習について】

  1. 在宅型公文式学習において、電話・メール等を使用して、指導やコミュニケーションをおこなう場合、それに必要な情報端末は保護者にてご準備いただく必要があります。また、その際の通信費はご負担いただきます。

  2. 入会申込書の「ご入会にあたって」に定めている事項は在宅型公文式学習においても全て適用されます。

  3. 学習開始後に、当月分の会費返金はいたしかねます。ご了承のほどお願いいたします。