教室だより6月号

 高校の数学教師であった父親・公文 公(くもん とおる)は、「わが子には、いずれ高校に進んだときに困らないような学力をつけておいてあげたい、そのために家庭では、小学校の算数の教科書に合わせて勉強させるより、高校数学に必要な内容に絞ったほうがよいだろう、結果として効率よく数学力を高めることになるだろう」と考え、息子のために、小学校の算数から高校数学までを一直線につなぐ教材を作り始めました。
 ご存じのように、公文式では、学習開始時は1人でスラスラできる内容から始め、数多くの問題を解きながら、一貫して自習で学んでいきます。「こうかな?」「いや、違う」「じゃあ、こうしてみよう!」と考えをめぐらし、それまでに身につけた知識や力を総動員して、自分の力で問題に挑戦していくのです。この「考えをめぐらし、それまで身につけた知識や力を総動員」することで、やがて学校で習うよりも先の内容に進んでも、どんな学習においても土台になる「読み・書き・計算」の力を着実に高めていくのです。
 次号では、この「どんな学習においても」に着目し、公文 公が生前語っていた「公文式は過去数学だけを教えてきたのではない。数学の学習を通じて、自習する経験と方法を学ばせてきた。」ということについて、お伝えします。
  参考文献:公文公教育研究所編『公文式がわかる』改訂版(2010年 くもん出版)

創始者・公文 公(くもん とおる)先生が語る「公文式の特長」

■ちょうどの練習量

 学校は集団生活の中で、協調性や多様性を様々な行事や活動を通じて体験し学ぶことができる場です。ただ、教科の学習には一斉授業という制約があるため、子ども一人ひとりの実態にあわせて、その子にとって必要なだけの練習をさせていく配慮はしにくいのが実情です。ですから家庭での学習は、わが子のペースで基礎教科の習熟に絞って必要十分な練習をさせてあげてほしいのです。
 子どもは本来、自分がらくにすらすらできることには喜んで取り組みます。そしてもっとやりたい、次の段階に進みたいという意欲をもちます。いったんこの気持ちをもった子どもなら、その子に合った「ちょうど」の次の段階を適切にあたえてあげるだけで、必ず順調に伸びていけます。
 公文式は、まず子どものやる気をひき出し、子ども自身がおもしろいと感じながら継続できる学習を提供していきます。その基本理念は、学年という枠をはずし、その子に「ちょうど」合った学習をさせるということです。

KUMON BUZZロゴ.png

●KUMON BUZZ PLACEは、これまでLINEや雑誌、ラジオなどで寄せられた公文式学習者や保護者の方、OB・OGの方の生の声(リアルボイス)を閲覧していただくことができます。

●KUMON BUZZ PLACEでは、雑誌や新聞、WEBなどに掲載されたKUMONの記事へのリンクや、現役大学生による「全国の大学生 笑顔100点満点リレー!」の動画などもご視聴いただけます。また、インスタグラムやラジオ企画での口コミ投稿募集も行っています。

●(くもん バズ)で検索してください! またはこちらから→
 

くもん バズQRコード.jpg
minamiホームページQR.jpg

公文式 南三咲教室 小吹寿美子

火・金 2:30~8:00

TEL 080-1297-6778

sumiko0909@samba.ocn.ne.jp

 

ホームページにも教室だよりアップしてますので、パソコンやスマートフォンでも確認できます。

QRコードメールアドレス.jpg
カレンダー6月号.jpg
_tsuyu_usagi.png
★くもんの宿題に関して

●くもんの宿題が、全部できなかった場合、または全く手がつけられなかった場合でも、宿題の教材はそのまま、必ずお持ちください。進度管理の都合上、必要になりますので、何卒よろしくお願いします。

★くもんの宿題でほめポイントをゲット

【iKUMON(アイクモン)情報】

くもんさっぷりん2019年も、

これでばっちりくもんの宿題

くもんさっぷりん.jpg
6月分の会費引落日は
5月28日です
残高不足の無いようにお願いします。
●退会・休会・会費の変更は毎月17日
 までに小吹までお願いいたします。